トップイメージ
クレカを店で利用する場合、何度も感じたことがあるのではと考えますが、店頭の人がわかっていないことでどの明細を客へ渡したら良いのか迷うときがあるかと思います。クレジットを利用すると機械より明細が印字されるからでありこのレシートのどちらをお客さんの方に差し出したら良いのか判断できないというケースがあるのです。数枚の明細の解説)上記の複数の使用レシートの説明はいかなるものなのかということについてまとめると以下の通りです。利用者に渡すべき利用レシート。店舗控えレシート。カード会社保管用明細(署名を行う紙)。本来であれば客側へ保管してもらう明細レシートの方をもらうはずなのですが、稀に、お店の控え使用レシートの方を利用者の方へ誤って渡してしまうというケースであったりサインされた利用レシートを渡してしまうパターンも存在するのです。このようなケースは時間給の担当者の場合や通常クレジットカードというものが使われるケースの少ない店舗にてカードを使おうとするとそのような店舗従業員の焦りが見れるだろう(笑)。もしもスタッフが上記のように明細を渡そうとしてきた暁には、「違いますよ」と一言正してあげてほしいものです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.alcabalas.com All Rights Reserved.