トップイメージ

自動車に乗っている人であれば承知しているものですが自動車税というものを支払う義務があります。お金借りる

それでこれは愛車買い取りの際に当たり前に返還されるものなのです。夜行・高速バス 仙台

このような事は本当にやってみると覚えられますが、でははじめから流れを出来るだけわかりやすく説明しましょう。ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンス

あえて記載するとすれば、国内で生産された自動車のみが対象ではなくアメ車でも税金が還ってくる対象になってきます。登録販売者

当然ですが自動車などもそうです。青汁ダイエット

自動車税は自動車の所有者が支払うもので、車の排気量の大小で定められています。

1リッター以下なら29500円で、1リッターから1.5リッターまでが34500円になります。

これ以降は500cc毎に5000円増えます。

この税金は4月1日の時点で車を所有している人が、今年度の税金を支払うという決まりになっています。

つまりは先払いということですから、勿論ですがクルマを売ってしまって、所有権を失った際などは先払いした分の税額は還付されるということです。

この税は前払いで年度内の自動車税を支払うので、その翌年3月までの間に車を買い取ってもらった場合は、入れ替わったオーナーがお金を負担するということになります。

買い取った相手が買取専門店なら、買い取り時に払いすぎた税額を返還してくれます。

要は所有権が移った日以降の税金は新たなオーナーが支払い義務を負います。

もし自分が10月の間に車を売った時は11月から翌年3月いっぱいまでの税金は還付されます。

それは、前述の通り自動車税というのは先払いであるということからもわかります。

まとめると前所有者は売却先に税金を返還してもらうということです。

個人で自動車を引き取ってもらう場合、意外とこうした事実に気づかない人が多くいるのでぜひ確認をとるようにすることです。

自動車税という税金は自動車を手放すと還ってくるということを意外と知っている人が少ない事を利用して、その状況を説明しない買取業者も存在します。

自分から自動車税に関して言わなければ完全にそのことに関して言わないというケースもたびたび聞かれます。

ですので愛車の買い取りをお願いする場合は、払いすぎた税金が返金されるのかどうかの確認をおろそかにしないようにしましょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.alcabalas.com All Rights Reserved.